現在のページ : トップページ

AGAとは何か

男性にとって、薄毛の問題というのは深刻な悩みの一つです。若いころはフサフサだった髪も、一定の年齢を超えた頃から薄くなりだす、というのはよくあります。それどころか、若い内から薄毛が進行してしまうこともそれほど少ないわけではありません。こういった男性が多く掛かる薄毛の症状というのを、AGAと呼びます。
AGAというのは、Androgenetic Alopeciaの略称です。Androgeneticというのはアンドロゲンという物質のことで、これは俗に「男性ホルモン」と呼ばれるものです。そしてAlopeciaは脱毛症という意味ですから、AGAというのは男性ホルモン型脱毛症のことを指している言葉ということになります。
では、そもそも男性に薄毛症状が発生し易いのは何故なのでしょうか?Androgeneticの名前が指し示しているように、これには男性ホルモンの働きが関係しています。男性も女性も男性ホルモン・女性ホルモンを保有しています。ただ、優位性に違いがあり、男性は男性ホルモンが強く、女性は女性ホルモンが強いようにできているのが普通です。
男性ホルモンには男性としての二次性徴を助けるという役割があります。例えば体つきを筋肉質なものにしたり、髭をはやしたり、というのが男性ホルモンの働きです。そして、その働きの一つとして髪の毛を薄くする力を有しています。
この先では、実際にAGAになってしまった場合の治療法について紹介します。